産み分けゼリーの成功率とは

産み分けゼリーの成功率とは

産み分けゼリーの成功率とは

 

産み分けゼリーの成功率

 

ある産婦人科のサイトによると、産み分けゼリーを使用した人の成功率は、男の子を希望した人でおよそ80%、女の子を希望した人でおよそ70%となっています。

 

 

 

男女のどちらが産まれるのかを100%左右できるものはこの世に存在しません。もともと男女2つの性しかないのですから、1回の妊娠で男女のどちらかが産まれる確率は50%です。

 

 

 

産み分けゼリーなどの産み分けアイテムを補助的に使うことによって、本来50%だった確率を上げることができるのです。

 

 

 

この確率を見ると、男子を希望した人で20%(5人に1人)、女子を希望した人で30%(3人から4人に1人)は産み分けに失敗していると読み取れます。

 

 

 

もともと50%の確率なのですから、希望する性別の赤ちゃんが生まれ来たらラッキーくらいの気持ちで産み分けに挑戦することが大切になります。

 

 

 

科学や医療が発達する前の時代には、赤ちゃんの性を決める要因は女性側にあるとされてきました。女性のお腹の中で育っていく過程で、男の子になったり女の子になったりすると考えられていました。

 

男性の持つX染色体とY染色体によって性別が変わってくる

 

現代では、男女の性を決めるのは女性側ではなく、男性側であることが分かっています。女性にはもともとX染色体しかありませんから、男性の持つX染色体とY染色体によって性別が変わってくるのです。

 

 

 

X染色体は酸性に強い、Y染色体は酸性に弱いという特徴があります。女性の膣内は細菌などを侵入させないために普段は酸性に保たれていますが、この環境がアルカリ性に傾くことになれば、Y染色体が動きやすくなり、男の子の産み分けができると考えられています。

 

 

 

産み分けに使うピンクやグリーンのゼリーは、男の子と女の子のどちらを希望するかによって使い分けます。ピンクゼリーは膣内の酸性を保つために使います。女の子を希望する場合はピンクです。

 

産み分けゼリーの成功率とは

 

男の子を希望する場合には膣内をアルカリ性に傾けるグリーンゼリーを使います。ゼリーに使われる成分は、すべて食品にも使われる安全性の高い成分となっていますので、女性や生まれてくる赤ちゃんに影響が出ることはありません。

 

 

 

使用は夫婦生活での挿入の5分前となっています。精子が膣を通る時に最適な環境を整えてあげるために、事前に膣内に注入しておく必要があります。

 

 

 

慣れないうちは注入のタイミングが合わず、使いにくいと感じる人も多いようですが、慣れてくるという人が大半です。産み分けを強く希望するのであればぜひ産み分けゼリーを使ってみてください。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】