産み分けゼリーの使い方とタイミグ

産み分けゼリーの使い方とタイミグ

産み分けゼリーの使い方とタイミグ

 

産み分けゼリーを使うタイミング

 

産み分けゼリーは正しいタイミングで使わないと、その効果を発揮することができません。

 

 

 

正しいタイミングといってもいくつかのタイミングがありますが、産み分けの大前提として「妊娠(受精)」がありますので、排卵日をきちんと特定して、排卵日にタイミングが合うように夫婦生活を持たないといけません。

 

 

 

そして、夫婦生活を持つ中で、挿入する5分前に産み分けゼリーを注入するという大切なタイミングもあります。

 

 

 

使い方は慣れると簡単で、産み分けゼリーの入った容器を5分ほど熱めのお湯に容器ごと浸して温めて溶かしておきます。専用のシリンジに吸い上げて女性の膣内に注入します。

 

 

 

その後は通常の夫婦生活を持ちます。注入した後はゼリーがこぼれやすいので、女性の腰の下に枕を入れるなどして腰を高くして足を閉じて5分ほど待ちます。
産み分けゼリーの使い方とタイミグ

 

男性が挿入した後でゼリーがこぼれることがありますが、少量ならば効果に影響はありません。開封後の余ったゼリーは次の機会でも使用できますので、密閉して直射日光を避けて保管しておきます。

 

 

 

商品によっては一回分が先にシリンジの中に入っていて、一回ずつシリンジを使い捨てるものもあります。

 

 

 

使い方は簡単ですが、挿入の5分前に注入するというタイミングが難しいという人が多いです。

 

 

 

赤ちゃんを授かるための夫婦生活といってもムードはとても大切ですから、いざ挿入となったらいったん中断して産み分けゼリーを注入するという行為に、男性側がしらけてしまって再開できなかったという人が多いのです。

 

 

 

産み分けゼリーを上手く利用して産み分けに成功した人の多くは、ムードを壊さない工夫をしているようです。

 

産み分けゼリーを使う心構え

 

このように、タイミングを取るのにひと工夫必要な産み分けゼリーですが、タイミングが合ったからと言って100%産み分けに成功するというわけではありませんので注意が必要です。

 

 

 

産み分けゼリーを使う条件として、希望の性別の赤ちゃんを授からなかった場合でもがっかりすることのないように、「どちらでも良いけど、出来れば男の子(女の子)」といった心構えが必要になります。

 

 

 

また、夫婦のどちらか一方が強く希望してもタイミングが合いづらいので、夫婦二人で協力して産み分けをするというスタンスを持っていることが大切なことではないでしょうか。

 

 

 

5割の確率が8割に上がると言われる産み分けゼリーですが、赤ちゃんを授かること自体が素晴らしいことなのですから、産み分けに固執し過ぎず、楽しい妊活になるように気持ちを楽にしていきたいものです。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】