男の子と女の子の産み分け

男の子と女の子の産み分け

男の子と女の子の産み分け

 

男女の性を決めるのは男性の精子

 

人間には男性と女性の2つの性しかありません。単純に考えると、妊娠して出産を迎える時、男女のどちらを授かるかは5割の確率です。これは一回の妊娠ごとに同じ確率となります。

 

 

 

上の子が男の子だったから下の子は女の子ということにはならず、一人目、二人目に関わらず50%の確率で性別が決定します。

 

 

 

産み分けに関しては、自然の法則と確率という考え方が未だに根強いのですが、一方で、産み分けについて科学的に明らかになっていることもあります。それは、男女の性を決めるのは男性の精子であること。

 

 

 

男性の精子の持つ染色体がXとYのどちらかによって男女の性が決定することです。男性の精子がY染色体を持つものであれば生まれてくるのは男の子です。X染色体を持つものであれば女の子です。

 

 

 

女性の卵子については、染色体はXだけです。女性の持つX染色体と、男性の持つXとYの染色体のうち、どちらが受精するかによって性別が決まります。

 

 

 

Y染色体の精子が受精すれば、女性側のX染色体とくっついてXY染色体を持つ受精卵となり、これは男の子の性別となります。

 

 

 

X染色体の精子が受精すれば、卵子のX染色体とくっついて、受精卵の染色体はXX染色体となり女の子となります。つまり、女性の体にはX染色体しか存在しないということです。

 

産み分けゼリー

 

産み分けゼリーは、どちらの染色体を持つ精子を受精させるのかを膣内のphを変えることで調整するものです。

 

 

 

例えば、Y染色体を持つ精子は酸性に弱いという特性がありますので、膣内をアルカリ性に傾けてやればY染色体が卵子のもとに到達しやすくなります。

 

 

 

反対に膣内のphを酸性に傾けてやればY染色体は動きにくくなり、代わりに酸性に強いX染色体が卵子へと到達しやすくなるという仕組みになっています。

 

男の子と女の子の産み分け

 

産み分けゼリーには、グリーンとピンクの2種類があり、膣内に挿入することで膣内のphを酸性、アルカリ性のそれぞれに調整していきます。

 

 

 

男の子の産み分けを希望する場合には、グリーンの産み分けゼリーを使って膣内をアルカリ性に保ちます。女の子を希望する場合にはピンクの産み分けゼリーを使って膣内を酸性に保ちます。

 

 

 

これによって、100%の確率ではありませんが、50%の確率を更に高くすることができ、希望する性別の赤ちゃんに出会える可能性が高くなるのです。

 

 

 

1回あたりの金額が高いので、妊娠を成功させるには事前に排卵日を特定しておく必要があるということには注意してください。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】