産婦人科の産み分けゼリー

産婦人科の産み分けゼリー

産婦人科の産み分けゼリー

 

産婦人科で使われる産み分けゼリー

 

産婦人科で使われる産み分けゼリーも、基本的には市販されている産み分けゼリーと内容は同じです。産婦人科で購入したからと言って、安く購入できるというわけではありません。

 

 

産婦人科で購入したとしても、保険の適応外となり、金額は通販などで購入するものとほとんど変わりがありません。

 

 

 

産婦人科のすべてで産み分けの指導を行っているわけではなく、病院によって実施しているところとそうでないところがあります。産婦人科での産み分けは、不妊治療によるタイミング法とよく似ています。

 

タイミング法

 

タイミング法では基礎体温を数か月間記録して、排卵の様子を基礎体温から読み取ります。排卵日が特定できない場合には排卵起こしやすくする薬を処方するなどの治療が行われます。

 

 

 

排卵日が特定できたら夫婦生活のタイミングを指導されます。これがタイミング法です。産み分けに関しては、タイミング法に産み分けゼリーやリンカルという産み分け用の内服薬を加えて妊娠の確率と産み分けの確率を上げていきます。

 

産婦人科の産み分けゼリー

 

男の子を希望する場合、膣内をアルカリ性に保つことでY染色体を持つ精子が受精しやすい環境を整えます。

 

 

 

産み分けゼリーでは、基本的な成分は同じで、膣内のphを調整する成分を変えたものが使われます。クエン酸やアルギニンといった調整剤で膣内のphをどちらに保つかを調整することができるのです。

 

産み分けの確率

 

病院で指導されるのだから産み分けの確立が上がる、こういった考えを持っている人が多いのですが、妊娠の確率はタイミング法によって上がるかもしれませんが、産み分けの確率は市販の産み分けゼリーを使っても同じです。

 

 

 

データによると、産み分けゼリーを使うことで、8割近くの人が産み分けに成功しています。これを産婦人科の指導の下行ったからといって、この確率が変わることはありません。

 

 

 

しかし、生理不順などで排卵日が特定しにくいという人は、産み分けゼリーの効果を最大限に生かすためにも、産婦人科で排卵日の調査を行ってから産み分けを行うことをオススメします。

 

 

 

産み分けゼリーは決して安いものではありませんから、使うのであれば妊娠しやすい排卵日を狙って使わないとお金の無駄になります。

 

 

 

産み分けどころか、なかなか授からないということになればストレスが溜まり、生理周期に影響が出ることも考えられます。

 

 

 

妊活を始めたばかりの人は、まず基礎体温をつけて排卵日を明らかにしていくことが先決です。排卵日の特定ができてから、産み分けゼリーを使う、と覚えておきましょう。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】