産み分けするにはいくらかかる?

産み分けするにはいくらかかる?

産み分けするにはいくらかかる?

 

産み分けの費用

 

出産するというだけでも一定の費用がかかりますが、子供が成人になるまでの養育費となると1500万円程はくだらないともいわれています。

 

 

 

子育てに関する費用は、少子化がますます進む日本では、自治体によって子育て支援の助成金制度を設けているところもあり、一時金を受け取れる場合も少なくありません。

 

 

 

しかし、1人目は男の子だったから次は女の子が欲しいと考えるカップルも多く、さらなる費用をかけて産み分けを実践するカップルもまた非常にたくさんいます。

 

産み分けゼリーを使った方法

 

最近では産み分けの技術にもさまざまなものがあり、産み分けゼリーを使った方法は非常に人気があります。

 

 

 

ゼリーは取り扱っている産婦人科で購入することができるのですが、健康保険は適用されず、診察代を含めて1〜2万円くらいするのが一般的です。

 

 

 

とはいえ、産み分けゼリー1箱にはたいてい7本程度入っているので、1回当たり数千円のコストがかかる計算になります。いくつかの他の方法と比べれば、経済的な負担はやや少ないというのが人気の秘密ともいえそうです。

 

 

 

産み分けは、産婦人科などのクリニックで指導を受けられることも多くなりました。その中で費用の安いものとなると、医師によるタイミング法が挙げられます。

 

タイミング法

 

タイミング法とは、排卵日を予測することで、男女の生まれる確率がより高い日に性交する方法をいいます。例えば、女の子であれば、膣内のph値が酸性に傾く排卵の2日前の性交がもっとも適しています。

 

 

 

タイミング法は病院によっては健康保険が適用されるので、数千円程度の出費で済むこともあるでしょう。

 

産み分けするにはいくらかかる?

 

しかし、タイミング法以外の方法も含めて、たいてい健康保険は適用されないので、安くても数万円程度の出費を覚悟する必要があります。

 

 

 

また、当然ながら一度の性交で妊娠に至るとは限らないので、指導を受けるごとに費用はかさんでいくことになります。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】

 

 

 

とはいえ、いずれの方法でも、産み分けられる確率は決して高いとはいえません。カップルの多くが、いくつかの方法を重ねて実行していますが、希望とは違う性別の赤ちゃんを授かることが珍しくはないのです。

 

着床前診断

 

唯一、100%といわれているのが着床前診断ですが、産み分けることを目的として行う着床前診断は、倫理上の問題から現在日本では禁止されています。

 

 

 

規制がゆるい外国で診断を受けるカップルもいますが、診断料が50万円程度かかる他に渡航費や滞在費がかかるなど、かなりの費用がかかります。

 

 

 

さらに、最近では諸外国においても着床前診断を用いた産み分けに罰則が課せられるようになってきています。
「2017年現在」