妊娠準備期間にしておきたいこと 検査を受けて葉酸を摂取しよう

妊娠準備期間にしておきたいこと 検査を受けて葉酸を摂取しよう

妊娠準備期間にしておきたいこと 検査を受けて葉酸を摂取しよう

 

妊娠準備期間

 

結婚して子供が欲しいと考えているなら、妊娠準備期間としてできることをしておくのが安心です。男女の産み分けをしたいと考えている場合も、情報はできるだけ早めに仕入れて実行に移す必要があります。

 

 

 

また、いくつか検査を受けておくこともおすすめです。産み分けをするにしても、まずは妊娠しなければならないので、検査を受けておくことは非常に重要なことになってくるからです。

 

妊娠準備期間に受けておくとよい検査

 

妊娠準備期間に受けておくとよい検査は、健康診断やブライダルチェックです。いずれも健康保険が適用されないので、いくつかの産婦人科やクリニックで料金や検査内容を比較してから決めるとよいのではないでしょうか。

 

 

 

健康診断は、定期的に受けていない人は、是非この機会に受けておくのがおすすめです。妊娠するとレントゲンも取れなくなりますし、血圧が高い場合には妊娠高血圧症候群になる可能性が高いので自分の血圧を知っておく必要もあります。

 

 

 

また、ブライダルチェックとは、妊娠に関係する病気の有無をチェックする婦人科検診のことで、血液検査と尿検査、内診を行います。あらかじめチェックしておけば、万が一何か見つかった場合でも、余裕をもって治療してから妊活することができます。

 

葉酸の摂取

 

また、妊娠準備には摂取しておいた方が良い食べ物があります。1日3食をバランスよく摂ることは基本ですが、これに加えて葉酸を摂取しておくと、赤ちゃんに先天性異常が起こる危険を少なくしてくれます。

 

 

 

葉酸は、レバーや緑黄色野菜などに多く含まれています。ただし、レバーには胎児が奇形になる可能性があるビタミンAもたっぷりと含まれているので、くれぐれも摂り過ぎないように注意する必要があります。

 

 

 

もしも食べ物に好き嫌いがあるという人なら、1日0.4mg程度をサプリで摂取しておくと良いでしょう。さらに、葉酸は摂取しておくこと妊娠しやすくなるともいわれています。

 

妊娠準備期間にしておきたいこと 検査を受けて葉酸を摂取しよう

 

女性が摂取すれば、葉酸には子宮内膜を厚くする作用があることから、受精卵が着床しやすくなるからです。そして、男性が摂取することでも妊娠の可能性をあげることができます。

 

 

 

精子は健康な男性であっても数%は染色体に異常があるのですが、アメリカで行われた研究によれば、葉酸を摂取している男性は染色体に異常がみられる割合が少ないというデータがあるのだそうです。

 

 

 

男性の摂取量は女性の約半分で良いとされています。健康な赤ちゃんを授かるには、女性だけではなく男性も準備期間が必要でもあるのです。