女の子の子育てで大切なこと 産み分けにはX精子の活発化がカギ

女の子の子育てで大切なこと 産み分けにはX精子の活発化がカギ

女の子の子育てで大切なこと 産み分けにはX精子の活発化がカギ

 

産み分けで女の子を育てる

 

1人目、二人目と男の子が続くと、3人目はどうしても女の子を育ててみたいと思うママは多いことでしょう。

 

 

 

一般的に、男の子と女の子とでは子育ての仕方が違うといわれていますが、実際はそれほどの違いはないといわれることもよくあります。

 

 

 

しかし、女の子の子育てに、同性であるママの存在がかなり大きなウェイトを占めているのは間違いないのではないでしょうか。

 

 

 

男性能、女性能といわれるように、男女では脳の働きに特徴があります。例えば、ダダをこねる子供にお菓子を与えると、男の子ならすぐにケロリとしても、女の子はそうはいきません。

 

 

 

女の子はお菓子でごまかそうとしていることをすぐに見抜いてしまうのです。女の子の子育ての場合、言葉によるコミュニケーションがより大切になってきます。

 

 

 

疲れていてもおしゃべりに向き合うことが必要ですし、同性である自分と同化させすぎるのもよくありません。女の子は、男の子以上に母親の影響を受けるものです。

 

 

 

自分の考えを押し付けていないか振り返り、自分とは違う考えを持っていることを十分に理解することが、より良い子育てにつながっていくことでしょう。

 

産み分けゼリーの仕組み

 

46本ある染色体の内、性染色体と呼ばれるものが2本あり、この2本が赤ちゃんの性別を決定しています。性染色体がXXであれば女性、XYであれば男性となります。

 

 

 

そして、この性染色体の組み合わせを決定しているのは精子です。というのは、卵子の性染色体はXしかありませんが、精子にはXとYの2種類があるからです。どちらの精子が卵子と受精するかで、赤ちゃんの性別が決まるというわけです。

 

 

 

XとYという2種類の精子は、pH値によって活動の活発度合が微妙に異なっています。そして、産み分けゼリーを使うと、膣内のpH値をコントロールすることができます。

 

 

 

性染色体Xは酸性だと働きが活発になりますし、性染色体Yはアルカリ性だと働きが活発になります。

 

女の子の子育てで大切なこと 産み分けにはX精子の活発化がカギ

 

つまり、精子が膣内に入ってきた時に、膣内を酸性に傾けるかアルカリ性に傾けるかをコントロールすれば、XとYのいずれかの働きが活発になって、産み分けられる確率が上がるというのが産み分けゼリーの仕組みなのです。

 

 

 

女の赤ちゃんが欲しいと思ったら、性染色体はXXに揃えなければなりません。そのためには、X精子に活発に動いてもらって卵子と受精させる必要があります。

 

 

 

産み分けゼリーにはピンクゼリーとグリーンゼリーとがあり、ピンクゼリーを使うことで膣内を酸性に傾くようコントロールすれば、X精子が活発になります。