新婚生活は早めに節約して赤ちゃんを迎える準備をしよう

新婚生活は早めに節約して赤ちゃんを迎える準備をしよう

新婚生活は早めに節約して赤ちゃんを迎える準備をしよう

 

新婚生活での節約

 

新婚生活に必要な生活費は、一般的にひと月20万円程度といわれています。しかし、ゆくゆく生まれてくる赤ちゃんのための準備費用など、少しでも多く貯蓄しておきたいと考えるカップルは多いのではないでしょうか。

 

 

 

とはいえ、あまり節約しすぎてはストレスがたまる一方になってしまいます。女性の体はとてもデリケートなので、過剰なストレスを受ければ排卵のタイミングにも影響し、妊娠が遠のいてしまうことは十分に考えられます。

 

 

新婚生活は慣れるまでさまざまなことがありますが、赤ちゃんを希望しているなら心身ともに安定した生活を送れるようにしたいものです。

 

生活費の内訳

 

生活費の内訳を見ると、多くの場合は住宅費が大きなウェイトを占めており、平均すれば7〜8万円ともいわれています。この他に、食費や光熱費、通信費、交際費、そして趣味やレジャーに充てる費用が含まれてきます。

 

 

 

カップルによってどこによりお金をかけるかはそれぞれですが、新婚時代の中でも赤ちゃんができるまでの期間は、人生でもっとも貯蓄するのに適した時期でもあります。

 

新婚生活は早めに節約して赤ちゃんを迎える準備をしよう

 

一般的に、収入の20%程度が理想の貯蓄額ともいわれますが、子供が成人するまでの多額の費用を考えれば、この時期にはさらに5%ほど貯蓄に回すのも良いでしょう。

 

 

 

赤ちゃんが産まれてからではなかなか貯蓄に回す額を増やすのは難しいので、早い段階で実行しておくのがコツといえます。

 

産み分け

 

また、なかなか妊娠しない場合や産み分けを希望している場合は、さらに出費を覚悟しなければならなくなります。

 

 

 

不妊治療クリニックでタイミング指導を受けたり、産み分けゼリーを購入したりと、支出しなければならないことは予想外に多くなるものなのです。

 

 

 

浪費は一度覚えればクセになってしまい兼ねません。カップルでよく話し合って、このタイミングで貯蓄する習慣をつけてしまいましょう。

 

 

 

生活費の中でも節約しやすいのは、理美容費や被服費、趣味・レジャー費などです。しかし、余程これらにお金を使っているというのでなければ、節約したところで大きな額を貯蓄に回すことはできません。

 

 

 

その点、もしも住宅費が収入に見合ったものでない場合には、この部分を見直してみると効果的です。

 

 

 

一般的に住宅費は収入の3分の1以内が理想といわれているので、これを上回っている場合には引越しも検討してみると良いでしょう。

 

 

 

毎月必ず出ていく大きな金額なので、生まれてくる赤ちゃんの準備としては大いに貯蓄を増やせることになります。