第二子は女の子が欲しい!産み分けゼリーの確率を高めるコツとは?

第二子は女の子が欲しい!産み分けゼリーの確率を高めるコツとは?

第二子は女の子が欲しい!産み分けゼリーの確率を高めるコツとは?

 

産み分けゼリーの確率を高めるコツ

 

一人目の赤ちゃんが男の子だったという場合、第二子には是非とも女の子が欲しいと希望するカップルは多いのではないでしょうか。

 

 

 

確かに、赤ちゃんは天からの授かりものに違いありませんが、性別を希望することは何も悪いことではありません。また、最近ではゼリーを使って性別を産み分ける子作りがカップルの間で人気を集めています。

 

 

 

産み分けゼリーは、これまで行われていたリン酸カルシウム(リンカル)の服用のように毎日薬を飲み続ける必要もないので、女性の負担も軽減されて手軽に産み分けられるというメリットがあります。

 

 

 

ただし、ゼリーを利用しても、100%の確率で男女を産み分けられるわけではないことを理解しておきましょう。もしも希望と違う性別の赤ちゃんを授かったとしても、それは決してショックを受けるべきこととはいえないでしょう。

 

 

 

男の子でも女の子でも、大切な我が子として変わらず愛しんで育てるという心構えを持っておくことはとても重要なことです。

 

産み分けゼリーの種類

 

産み分けゼリーには、ピンクゼリーとグリーンゼリーの2種類があり、性交の直前にゼリーを膣内に入れて使います。女の子を希望している時には、ピンクゼリーを使って性交しましょう。

 

 

 

ピンクゼリーを膣に入れておくことで、膣内のpH値を女の子が生まれやすい状態に持っていってあげるのです。

 

第二子は女の子が欲しい!産み分けゼリーの確率を高めるコツとは?

 

膣内のpH値は、アルカリ性と酸性とを常に行き来しているのですが、実は男の子が誕生するか女の子が誕生するかは精子が膣内に入った時のpH値によって決まります。

 

 

 

膣内がアルカリ性に傾いていれば男の子が誕生しやすく、酸性に傾いていれば女の子が誕生しやすいのです。でも、前述のように産み分けの確率は100%ではありません。

 

産み分けの確率を上げるコツ

 

そこで、より確率を高めるためにいくつかのコツを知っておくと良いでしょう。コツの一つ目は、排卵の2日前頃に性交することです。膣内のpH値は、排卵日頃になるとアルカリ性に傾いていきます。

 

 

 

つまり、この頃に性交すると男の子が生まれやすくなるので、排卵が起こる前に性交すれば女の子が生まれる確率が高まるわけです。基礎体温を毎日計って、排卵日を特定しておくようにします。

 

 

 

コツの二つ目は、排卵日2日前を過ぎてからは性交するのを避けるか避妊することです。

 

 

 

アルカリ性に傾いている状態で性交すれば、男の子の生まれる可能性を高めてしまうので、これを避ければ良いのです。排卵の2日前頃に性交したら、その後は1週間程度は避妊をしておきましよう。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】