産み分け前に妊娠の可能性を上げよう

産み分け前に妊娠の可能性を上げよう

産み分け前に妊娠の可能性を上げよう

 

妊娠する

 

ゼリーによる産み分けを希望するカップルは大勢いますが、それ以前に妊娠しなくてはならないという事実があります。

 

 

 

しかし、健康なカップルが妊娠しやすい時期に性交したとしても、20代前半で30%程度しか妊娠する可能性はないといわれています。

 

 

 

年齢が上がるにしたがってその確率はどんどん下がってしまうことを考えれば、妊娠というものがいかに難しいものであるかわかるのではないでしょうか。

 

妊娠できる期間

 

そもそも、人が妊娠できる期間というのは月に1度の数時間しかありません。妊娠するには、女性の体の中で排卵によって卵子が飛び出たタイミングで精子と受精しなければならないのですが、受精できるのはわずか数時間という短い時間しかないのです。

 

 

 

排卵は月に一度なわけですが、卵子の寿命はたった24時間しかなく、受精できる時間となると、さらに短いたったの6〜8時間しかありません。

 

 

 

このようなことを考えれば、いかに妊娠というものが簡単なことではないかがわかるというものです。産み分けを希望しているカップルは特に、この数時間を大切にしなくてはならないことになります。

 

排卵のタイミング

 

生理は、妊娠に至らなかった場合に不要となったものが排出されるものなので、排卵は生理前に訪れていることになります。

 

 

 

排卵のタイミングというのは人によって異なりますし、ストレスや生活環境などによって微妙に左右されますが、生理周期を計算したり基礎体温をチェックしたりすることである程度予測することができます。

 

 

 

生理周期から排卵日を計算する方法は、排卵日から次の生理までの日数が14日という考えに基づいています。

 

産み分け前に妊娠の可能性を上げよう

 

例えば、生理周期が28日という女性なら、「28日-14日=14日」と計算できるので、生理の1日目から起算して14日後に排卵が起こると予測できるのです。

 

 

 

また、基礎体温から排卵日を予測する方法は、女性の体温が生理と生理の間で高温期と低温期の2パターンあることに基づいています。

 

 

 

低温期から高温期に移行する間で、体温がぐっと下がる時が訪れるのですが、この日の前後1〜2日が排卵日となります。まずは2〜3か月記録してみて、自分の生理周期を把握することから始めましょう。

 

 

 

しかし、いずれの方法も確実な排卵日を予測できるとはいえません。前述のようにストレスなどさまざまな要因で排卵のタイミングはずれてしまいますし、基礎体温も体調によって微妙に変わるものだからです。

 

 

 

いくつかの方法を重ねて実行し、排卵日に合わせて性交することが妊娠の可能性を上げることにつながるといえるでしょう。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】