産み分けゼリーの副作用とリスク

産み分けゼリーの副作用とリスク

産み分けゼリーの副作用とリスク

 

産み分けゼリーの成分

 

現在市販されている産み分けゼリーには、男の子の産み分け用のグリーンゼリーと女の子の産み分け用のピンクゼリーの2種類があります。

 

 

 

これらの主成分は、水、ポリアクリル酸Na、水溶性コラーゲン、クエン酸、アルギニンとなっています。ポリアクリル酸Naとは、主に保湿を目的に使われる成分で、商品をジェル状に保つために欠かせない成分です。

 

 

 

化粧品に配合されていることが多く、体の中に入っても安全な成分として様々な分野で使われている実績のある成分です。

 

 

 

合成ポリマーといわれることもあり、食品保存用のラップと同じ分類になりますが、産み分けゼリーに使われているポリアクリル酸Naはラップに使用されている合成ポリマーとは分子構造が全く異なります。

 

 

 

ラップが皮膚に張り付くとピタッと密着しますが、ポリアクリル酸Naは立体的な分子構造をしているので皮膚に密着することなく、皮膚の呼吸を妨げたり、皮膚を覆って雑菌を繁殖させたりといった心配はありません。

 

 

 

体に使うことを考えて作られた成分なので、合成ポリマーと言っても、ラップに使われている成分とは違い格段に安全性が高いのです。皮膚に用いても副作用のリスクはほとんどないと言っても良い成分です。

 

国産の産み分けゼリーならリスクがほとんどない

 

水溶性コラーゲンについては、化粧品などでなじみ深い成分です。魚の皮や骨、ウロコなどを主原料にしていて、海洋コラーゲン、マリンコラーゲンといわれることもあります。動物性コラーゲンと同じく、脂肪分を含まず、肌を保湿する効果が高い成分です。

 

 

 

動物性コラーゲンでは狂牛病などの病気が懸念されており、安全性に疑問が残るところがあります。そこで、近年、化粧品や医薬品に配合されることが多くなってきたのが水溶性コラーゲンです。

 

 

 

肌馴染みが良く、アレルギーを起こしにくい成分ですので、こちらも副作用のリスクはとても少ないと言って良い成分です。

 

産み分けゼリーの副作用とリスク

 

クエン酸やアルギニンは膣内のphを調整するために配合される成分です。クエン酸は膣内を酸性に保つために用いられ(ピンクゼリー)、アルギニンは膣内をアルカリ性に保つため(グリーンゼリー)に用いられています。

 

 

 

これらの成分も食品に使われるほど安全性が証明された成分ですから、副作用のリスクはほとんどありません。

 

 

 

産み分けゼリーを使うリスクについては、国産の産み分けゼリーならばほとんどないと言って良いでしょう。

 

 

 

外国産の産み分けゼリーの場合、すべての成分が明記されていなかったり、成分を作る工場の安全性が低かったりすることもあるので、安心と安全で選ぶなら国産の産み分けゼリーをオススメします。

 

 

最新産み分けゼリーはこちらをクリック↓↓↓

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)