産み分けはどのくらいの回数で成功するのか

産み分けはどのくらいの回数で成功するのか

産み分けはどのくらいの回数で成功するのか

 

産み分けに成功する回数

 

市販の産み分けゼリーは1セットで2回以上使える量が入っています。商品によって使える回数は変わりますが、それを全部使ったから産み分けに成功する、というデータはありません。

 

 

 

何度も産み分けに成功しなかったと言うかたもいますし、一度の使用で希望する性別の赤ちゃんを授かったと言う人もいます。

 

 

 

人間の性別は男性と女性しかありませんので、一回の妊娠でどちらかの性の赤ちゃんを授かることになります。

 

 

 

そうするとその確率は50%ずつとなります。産み分けゼリーを使うことで50%の確率が70%、80%と上がっていくことはありますが、必ずしも成功するとは限りません。

 

産み分けを希望する時にとても大切なこと

 

産み分けを希望する時にとても大切なことは、自分たちが希望する性別の赤ちゃんを授からなかった時でも、悲しむことのないようにするということです。

 

 

 

世の中には赤ちゃんをなかなか授かれずに悩んでいるご夫婦がたくさんいます。その中で希望する性別の赤ちゃんを授からなかったからといって嘆き悲しむのは良くありません。

 

産み分けはどのくらいの回数で成功するのか

 

授かれたことだけでも奇跡なのですから、産み分けは「控えめな希望」としておきましょう。

 

どの商品を使っても産み分けの成功率は変わらない

 

また、インターネット上では時々この産み分けゼリーを使ったらいい産み分けに成功しました、などという様な書き込みが見られますが、その商品を使ったから産み分けに成功したのではなく、どの商品を使っても産み分けの成功率は変わらないということを覚えておきましょう。

 

 

 

産み分けゼリーの価格は基本的に1万円以上する高価なものです。そのためインターネット上に出回っている、海外製の安い産み分けゼリーを使うと言う人もいるようですが、体の中に入れて使うものですので安全性が確かなものでなければ使用しない方が良いと言えます。

 

 

 

産み分けゼリーを使って赤ちゃんに障害が出るというデータはありませんが、万が一のことを考えると、安全性の高い日本製の産み分けゼリーを使用した方が安心です。

 

 

 

産み分けゼリーを使うタイミングは商品によって違いますが、概ね性交渉のうち、挿入の5分前となっています。このタイミングを取るのが難しく、産み分けゼリーを使うのを断念してしまったと言う声もあります。

 

 

 

産み分けゼリーを使うためには男性側の協力も必要ですから、夫婦でよく話し合ってタイミングを上手に取ることが重要です。

 

 

 

インターネット上には国産の産み分けゼリーの比較サイトがたくさんありますので、それぞれによく目を通して、価格や安全性・使用感などをチェックしてから選ぶようにしてください。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】