排卵日から計算できる女の子の産み分け方法はある?

排卵日から計算できる女の子の産み分け方法はある?

排卵日から計算できる女の子の産み分け方法はある?

 

排卵日から計算して産み分ける

 

産み分けを希望する場合、準備として、まず、毎日の基礎体温を記録していきましょう。基礎体温を記録することで、排卵日や生理の周期が明らかになります。

 

 

 

数ヶ月間記録を付けてみると、自分自身の周期のパターンが分かってくるはずです。排卵日には基礎体温がぐっと下がってきます。この時に重ねて市販の排卵検査薬を使うとさらに確実に排卵日を明らかにすることができます。

 

 

 

排卵日から産み分けを行う方法としては、女の子の場合、排卵日の2日から3日前に夫婦生活を待ちます。男の子を希望する場合は、排卵日当日に夫婦生活を持ちます。

 

 

 

女性の膣の中は排卵日の2日から3日前には酸性になっています。排卵日当日は膣の中がアルカリ性に傾きますので、男の子の元となるY染色体を持つ精子が活動しやすい環境になります。

 

排卵日と共に産み分けゼリーを使う

 

しかし、排卵日から計算する産み分けの方法はとても不確実なものです。まず、排卵日がきちんと特定できていなければいけませんが、人によっては体温が下がった時から数日後に排卵が行われる場合もあります。

 

 

 

また、体温の下がり方が分かりにくい人の場合、どの体温の日が排卵日か分かりにくいと言うこともあります。

 

 

 

そのため、排卵日から産み分けをする方法だけを採用するのではなく、排卵日と共に産み分けゼリーを使って、産み分けに挑戦すると良いとされています。

 

 

 

女の子を希望する場合ピンクゼリーを使用して膣内を酸性に保ちます。反対に男の子の場合グリーンゼリーを使って膣の中をアルカリ性に保ちます。

 

排卵日から計算できる女の子の産み分け方法はある?

 

排卵日とこれらの方法を併用することで、産み分けをさらに確実なものにしていくことができます。さらに性交渉を持っている時に女性がオーガズムを感じたら、膣内はアルカリ性に傾きやすくなります。

 

 

 

そのため、男の子を希望する場合には、ゆっくりと時間をかけて女性がオーガズムに達することが大切と言われています。反対に女の子を希望する場合には、性交渉にあまり時間をかけず淡泊に済ませると良いと言われています。

 

 

 

ただ、どの産み分けの方法でも100%の確率で希望する性別の赤ちゃんを授かるとは言えません。

 

 

 

排卵日で産み分けを行う方法も、ゼリーを使って産み分けを行う方法も、どちらかの性別の赤ちゃんが生まれる確率を上げるだけで、赤ちゃんの性別までも決定づけるものではありません。

 

 

 

また希望する性別の赤ちゃんではなくても、残念がったりせずしっかりと愛してあげることを産み分けにチャレンジする前に夫婦で約束してください。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】