パーコール法の産み分けの確立は?

パーコール法の産み分けの確立は?

パーコール法の産み分けの確立は?

 

パーコール法の産み分け

 

パーコール法と言う男女の産み分けの手法をご存知でしょうか。パーコール法とは、自然妊娠が難しい人のために人工授精などを行う時、質の良い精子を選んで濃縮するための方法です。

 

 

 

X染色体を持つ精子の方がY染色体を持つ精子よりも先に沈むので、女の子を望む場合には先に沈んだ精子を取り出して受精させます。

 

 

 

畜産で使われていた方法で、人間に使えるのかどうか産婦人科学会が検討を重ね、2006年に無害であるという結論が出ています。保険が効かない自己診療となりますので、高額な医療費が必要になります。

 

 

 

産婦人科学会が無害であると判断したとはいえ、産み分けのみの目的で使用することを認めているわけではありませんので、パーコール法だけを目的に産婦人科を受診しても、パーコール法を適用してもらうことは難しいのです。

 

 

 

法律的に禁止されているわけではありませんので、医師の裁量によるところが大きくなっています。

 

 

 

パーコール法では精液をパーコールというショ糖(試薬)に入れ、遠心分離器で精子を重たいX精子と軽いY精子に分離させます。分離した精子を取り出して受精させることで、産み分けが可能になります。

 

100%産み分けする方法

 

しかし、この方法でも100%の産み分けができるわけではありません。遠心分離機にかけて精子をより分けてもX染色体を持つ精子だけを確実に選びとることはとても難しいからです。

 

 

 

DNAの重さの差はほんのわずかなもので、中には重さが変わらないDNAもあるからです。人間には男と女という2つの性しかありませんから、一回の妊娠でどちらを授かるか、その確率は50%です。

 

 

 

自然に任せる妊娠に比べて、精子を選別するパーコール法の方が産み分け成功率が高いと考えられていますが、産み分けることを目的に使用されている方法ではありませんので、どのくらい確率があがるのかといった正確なデータはありません。

 

パーコール法の産み分けの確立は?

 

そもそも人工授精や体外受精を行うときに、最初の目標となるのは妊娠する事です。そこに産み分けを取り入れるという考え方に反対する産婦人科も多いので、パーコール法を実施している産婦人科が近い場所に見つかりにくいというデメリットもあります。

 

 

 

パーコール法だけに限ったことではありませんが、赤ちゃんの産み分けに希望があったとしても、必ずその希望に添える様な100%の産み分け方法はありません。

 

 

 

その前提を理解した上で医師に相談し、夫婦でしっかり話し合いをして産み分けをするかどうかを選択するようにしてください。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】