カレンダーや食事で産み分け

カレンダーや食事で産み分け

カレンダーや食事で産み分け

 

食事とカレンダーによる産み分けの方法

 

産み分け用のゼリーや内服薬が登場する前は、食事や生活習慣、風水といったもので産み分けができると考えられていました。

 

 

 

この中でも、食事とカレンダーによる産み分けの方法は、男女の性を決める精子の染色体の性質を考えると、ただの言い伝えと言い切れないものがありそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

食事の産み分け

 

食事の産み分けの場合、食事の内容によって女性の体をアルカリ性を酸性に傾かせようというものです。

 

 

 

例えば男の子を希望する場合、女性の膣内がアルカリ性に保たれていれば男の子を決めるY染色体が活動しやすくなりますので、男性が肉や魚を中心に食べ、女性はサラダ中心の食事をとるという考え方です。

 

 

 

反対に女の子を希望する場合、男性がサラダ中心の食事を摂り、女性が肉や魚を中心に食べていきます。

 

カレンダーや食事で産み分け

 

このような食事方法による産み分けに、効果があるのかという点については、人間の体の持つ恒常性という性質を考えると、効果については少し疑問が残ります。

 

 

 

人間の体は、体温や血圧体液の浸透圧、phなどを一定に保とうとする恒常性を持っています。これは人間の体が健康に保たれる上でとても大切な性質です。

 

 

 

極端な言い方をすれば、食事を変えただけで体のphが変わってしまうのは、健康上あまり好ましくないことです。

 

 

 

産み分け以前に、体のあちこちで不調が出てくるはずです。ですから、食事で産み分けができるというこの考え方は効果がはっきりと出るものではないと言えそうです。

 

カレンダーによる産み分け

 

カレンダーによる産み分けについては、占いの域を出ないという考え方が主流です。中国では産み分けにカレンダーを用い、受胎日によって男女の性別が決まるという考え方があります。

 

 

 

日本でもこの考え方を取り入れて産み分けをしている人もいますが、科学的な証拠はありませんので、あくまでも占いと考えて利用してください。

 

 

 

排卵日の数日前に性交渉を持つと女の子を授かりやすい、排卵日当日に性交渉を持つと男の子を授かりやすい、という考え方もありますが、こちらも絶対的に産み分けを成功させる考え方ではありません。

 

産み分けゼリーの確率

 

参考にするという程度であまり気にしない方が良いかもしれません。今のところ、産み分けの確率を確実に上げていけるのは産み分けゼリーということになります。

 

 

 

ただし、産み分けゼリーも100%の成功率で産み分けができるものではありません。産み分けの成功率を引き上げる補助的なアイテムですから、産み分けゼリーに過度な期待はしないように注意してください。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】