ピンクゼリーのメリットとデメリット

ピンクゼリーのメリットとデメリット

ピンクゼリーのメリットとデメリット

 

ピンクゼリー

 

ピンクゼリーを使うことで起こる最大のメリットは、産み分けが実現する可能性が高くなるという点です。

 

 

 

ピンクゼリーは女性の膣内を酸性に保つことができる成分が配合されていますので、女性の性を決めるX染色体を持つ精子が活動しやすい環境となります。

 

 

 

X染色体有利の環境に整えてあげることで、女の子を授かりやすくなると言われています。ピンクゼリーを使うデメリットとしては、必ずしも確実に産み分けを成功させる事は保証できないという点にあります。

 

 

 

これはピンクゼリーに限らず、どの産み分けゼリーでも同じことが言えます。人間と言うのは男と女二つの性しかありませんので、一人の母親から一人の子供が産まれる時、性別がどちらになるかの確率は50%になります。

 

 

 

産み分けゼリーを使うことで50%の確率を引き上げていこうというのがこの商品の目的となります。その為、確実に女の子を授かるとか、男の子を授かると言ったように、性別を決定する商品ではありませんので誤解のないようにしてください。

 

ピンクゼリーの使い方と効果

 

ピンクゼリーは使い方が少し複雑です。ゼリーの入った瓶をお湯で温めゼリーを柔らかく溶かします。この時あまり熱くし過ぎると膣内をやけどしてしまいますので、十分な注意が必要です。

 

 

 

付属のシリンジで必要量を吸い上げ、女性の膣内に注入していきます。この時大切なのは注入のタイミングです。膣内に注入するのは、男性が挿入するおよそ5分前と決められています。

 

 

 

そして注入した後の5分間は足を閉じて腰を高くして、じっとしていなければいけません。そのため、夫婦生活の雰囲気が盛り上がっている時にゼリーを注入することで、男性の方が気持ちを削がれてしまい、挿入することができなかったというケースも見られます。

 

ピンクゼリーのメリットとデメリット

 

ピンクゼリーは、産婦人科でも処方される安全性の高い産み分けゼリーとして実績がありますが、使うタイミングによっては夫婦生活自体を継続できなくなることもありますので、ご夫婦でよく話し合って注入のタイミングを工夫する必要があります。

 

 

 

タイミングが難しいと感じるのであれば通信販売で購入することができるハローベビーやベイビーサポートといった、一回分ずつが個包装になっているタイプの産み分けゼリーをお勧めします。

 

 

 

ハローベビーやベイビーサポートの場合、注入してから待つ時間がありませんので、夫婦生活の雰囲気を壊すこともありません。

 

 

 

なお、ピンクゼリーが産婦人科で処方されるため、他の商品に比べて成功率が高いと勘違いしている人も多いようですが、産み分けの成功率に関してはどの商品も同じです。

 

⇒安心・安全をとことん追求した日本製【ベイビーサポート】