産み分けゼリーの危険性と失敗の可能性

産み分けゼリーの危険性と失敗の可能性

産み分けゼリーの危険性と失敗の可能性

 

産み分けゼリーの安全性

 

産み分けゼリーを使う時に心配なのは、赤ちゃんに影響はないのか、という点でしょう。また、女性の膣内に注入するものなので、母体自身の安全性も気になるところです。

 

 

 

一般的には産み分けゼリーとして市販されている商品に使われているのはポリアクリル酸Na、水溶性コラーゲン、クエン酸、アルギニンなど食品にも使われている成分ですから、安全性が高いと言えます。

 

 

 

コラーゲンについては、動物性のコラーゲンよりも水溶性コラーゲンの方が安全性が高いと言われています。クエン酸はX染色体のための(女の子の産み分けのための)ピンクのゼリーに配合されている成分です。

 

 

 

これに対して、男の子を産み分けたい場合のグリーンゼリーにはアルカリ性の調整をするアルギニンが配合されます。

 

 

 

これらの成分については、日本食品分析センターが行った皮膚への刺激性などの調査によっても、体に使用しても問題がないことが報告されています。

 

 

 

産み分けゼリーで子供に障害が出るという噂が流れた時期もありましたが、現在流通している産み分けゼリーには、受精卵に刺激を与えるような成分は何一つ含まれていませんので、赤ちゃんに障害が出るなどといった心配はありません。

 

 

 

ただし、配合されている成分については安全性が高いものではありますが、より高い安全性と安心を求めるのであれば、成分がきちんと公表されている日本産の産み分けゼリーを選ぶようにしてください。

 

産み分けゼリーを使用した結果の口コミ

 

インターネット上で産み分けゼリーを使用した結果の口コミなどを調べることができます。これらの書き込みによると、多くの人が産み分けに成功していますが、中には希望する性別と違う赤ちゃんを授かったという書き込みも見られます。

 

 

 

絶対的に赤ちゃんの性別を決めることはできませんが、それでも、8割近くの成功率があることから、産み分けを考えている人は使った方が良いと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、使用には色々と制限があります。前提として、排卵日をきちんと特定できているという大切な項目があります。そして、挿入の5分前に膣内に挿入すること。

 

産み分けゼリーの危険性と失敗の可能性

 

これが夫婦生活の途中ではなかなか難しいと感じた人が多いようです。男性側の理解が得られにくく、結局使わなかったという人もいます。

 

 

 

使用に制限があることと、失敗する可能性もあるということを頭に入れて、「産み分けられたら嬉しい」というくらいの余裕を持って使うくらいがちょうど良いのかもしれません。

 

 

 

赤ちゃんは天からの授かりものですから、性別にこだわりすぎることのないように、ストレスをためない妊活をしていきたいものです。

 

 

最新産み分けゼリーはこちらをクリック↓↓↓

 

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)