産み分けゼリー 効果 

産み分けゼリーの効果について

産み分けゼリーの効果と障害のホントの話

 

産み分けする

 

産み分けゼリーは性行為時に使うことで、女性の膣内の環境を調整して男の子と女の子の産み分けをするものです。そもそも、赤ちゃんの性別は何によって決まるかをご存知でしょうか。

 

 

 

赤ちゃんの性別は男性の精子の染色体によって決まっているのです。精子には、X染色体のものとY染色体のものがあり、Y染色体の精子が卵子と出会い受精することで男の子になります。

 

 

 

反対にX染色体の精子が受精すると女の子になるという仕組みが明らかになっています。つまり、受精卵ができた時にはすでに性別は確定しているということになります。

 

 

 

産み分けをするには、受精のタイミングでXとY、どちらの染色体を持った精子を受精させるかがカギとなるのです。

 

産み分けのゼリー

 

産み分けのゼリーは精子の持つ特徴を利用するアイテムです。Y染色体の精子はアルカリ性に強く酸性に弱いという特徴があり、X染色体の精子は酸性に強くアルカリ性に弱いという特徴があります。

 

 

 

女性の膣内を酸性かアルカリ性のどちらかに傾けることで、生き残る精子を選別するというのが産み分けゼリーの効果です。

 

 

 

男の子が欲しいと思うのであれば、女性の膣内をアルカリ性に保てばX染色体を持つ精子よりY染色体を持つ精子の方が生き残る確率が高くなります。女の子が欲しい場合はその反対です。

 

 

 

産み分けゼリーにはグリーンとピンクの2種類があり、膣内を酸性に保つにはピンクのゼリーを使い、アルカリ性を保つにはグリーンのゼリーを使います。産み分けゼリーは性行為の直前に膣内に注入します。

 

 

 

この他にも産み分けをするアイテムとしては、リンカルという内服薬があります。内服薬は事前の準備が必要ないので楽に使用できると思われていますが、継続して決まった時間に飲む必要があり、忙しい人にはあまりオススメではありません。

 

産み分けゼリーの効果と障害のホントの話

 

現在明らかになっているデータでは、男の子を希望した人の8割から9割、女の子を希望した人の7割から8割の人が産み分けに成功しています。

 

 

 

当然のことですが、赤ちゃんの性別には男女しかなく、50%の確率でどちらかが産まれるのですから、産み分けゼリーを使うことで欲しい性別の赤ちゃんを授かる可能性は高くなります。

 

 

 

しかし、このデータからも分かる通り、1割から2割の人は成功していません。つまり、産み分けゼリーはあくまでも膣内の環境を整えて確率を上げるためのアイテムであって、男女の性別を決める決定的なものではないということです。

 

 

 

産み分けに失敗した人もいるということですが、実際に生まれてくると「性別なんて関係なく愛おしい」と思えるのが我が子です。産み分けゼリーはあくまでも補助的なものと考え、楽しく明るい妊活を送っていただきたいものです。

 

 

 

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)